これやっとけばだいたいハマる!おすすめ定番ボードゲーム四天王!

ボードゲーム

 

はろー!ボドゲ大好きハル(@hal86hallo)です。

 

今回は僕の大好きな定番のボードゲームを4つご紹介します。

 

こんな人に向けて書きました

・簡単なボードゲームを遊んでボードゲームにはまった!もっと本格的なのを遊んでみたい!
ボードゲームで有名な定番ゲームが知りたい!

 

一回もボードゲームをやったことないよーという方は【おすすめボードゲーム5選】初めてでも楽しい!初心者でも気軽に遊べるボードゲームの紹介【ランキング形式】で初心者向けのボードゲームを紹介してますので参考にしてみてください。

 

※記事内で紹介している値段は2019年2月16日時点のものです。

1. パネルを並べて陣地取り!~カルカソンヌ~

 

 

ジャンル :パネル並べ
難易度  :やや簡単(ガチ勢はカウンティングとかするけど)
プレイ時間:20~30分
プレイ人数:2~6人
値段   :3,662円(Amazon価格)

 

2001年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品。マジでド定番のボードゲーム。初心者でも楽しめる単純なルールであるにもかかわらず、「カルカソンヌ世界選手権大会」が開催されるほど奥深いゲームであることが特徴です。

 

プレイヤーの目標は、要塞都市「カルカソンヌ」を誰よりも強大にすること。自分の手番になったらタイルを1枚ずつ引き、場に出すことで自分の道・都市・修道院を作っていきます。しかし、他のプレイヤーにタイルをくっつけられて妨害されることも・・・。6人まで楽しめるためみんなでわいわい楽しめます。

 

基本的にはタイルを引いて出すだけの簡単なルールなので、誰でも楽しめることが一番のおすすめポイントです。しかし、妨害を極めると一気に戦略的なゲームになります。これ一本で初心者から経験者になるまで楽しめるため、持っておいて損はないおすすめのボードゲームです。

 

こんなあなたにおすすめ!
ゲームの特徴:みんなでやればわいわいプレイ、二人でやればガチ対戦が楽しめる。
初心者と楽しみたい人はもちろん、頭を使ってガチで勝負したい人にもおすすめ。

 

2. 資源で無人島を開拓!~カタン~

 

 

ジャンル :戦略+運+コミュニケーション
難易度  :普通
プレイ時間:30~40分
プレイ人数:2~4人
値段   :2,539円(Amazon価格)

 

1995年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品。ボードゲーム好きで知らない人はいない作品であり、「ボードゲームと言えばカタン!」という人も多いくらい定番中の定番ボードゲームです。

 

カタンにおいてプレイヤーは開拓者となり、資源を使って無人島(カタン島)を開拓していきます。資源を獲得する方法は、「サイコロを振ること」と「交渉」の2つ。「交渉」というのは、他のプレイヤーとの資源の交換のこと。「交渉」によってコミュニケーションが増えますし、トップのプレイヤー以外が協力してトップを邪魔するみたいなことが起きたりして盛り上がります。

 

序盤の配置などで戦略的な部分はありますが、資源を獲得できるかどうかは「サイコロ運」と「交渉」しだい。この戦略性と運のバランスが絶妙なため、初心者も経験者も同じようにゲームを楽しむことができておすすめです。

 

こんなあなたにおすすめ!
ゲームの特徴:戦略性と運のバランスが絶妙。
値段も安いしボドゲ初心者に一番おすすめする定番ボードゲーム。

 

3. 俺だけの最強デッキを作れ!~ドミニオン~

 

 

ジャンル :デッキ構築
難易度  :やや難しい
プレイ時間:30~40分
プレイ人数:2~4人
値段   :4,290円(Amazon価格)

 

2009年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品。ドミニオンも定番中の定b(以下略。強い中毒性のあるゲームであり、廃人を生み出すほど凶悪なゲームです(誉め言葉)。ドミニオンも、カルカソンヌと同様に世界選手権が開催されており、奥深い戦略ゲームとなっています。

 

プレイヤーは王国の領主となり、自分の領土(=ドミニオン)を拡大させるのが目標です。自分の手番になったら山札からカードを購入し自分のデッキを構築(=領地を拡大)していきます。この時、カード同士の効果をつなげる(=コンボ)ことを考えながらカードを購入することがポイント。実際にその通りにデッキを回せるとめちゃくちゃ楽しいし、勝利にもつながります。

 

ドミニオンが中毒性を持つ理由は、その展開の豊富さです。ドミニオンでは全25種類のカードの中から1ゲームに使うのは10種類だけ。その分組み合わせが広がり、1プレイごとに戦略が変わります。何度プレイしても違う展開になりやすいことが一番の特徴であり、何度も繰り返し遊んでしまう理由なのです。

 

こんなあなたにおすすめ!
ゲームの特徴:自分だけのデッキを作って回していくのが楽しい。特にコンボが続くと「ずっと俺のターン!」状態で最高に気持ちよくなる。
戦略ゲームが好きな人、カードゲームが好きな人におすすめ。

 

4. 勝負の決め手は妄想力!?~ディクシット~

 

 

ジャンル :雰囲気察しゲー
難易度  :簡単
プレイ時間:30~40分
プレイ人数:3~6人
値段   :3,668円(Amazon価格)

 

2010年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品。フランス産のボードゲームであり、フランス感あふれる芸術的で独創的な雰囲気が特徴。イラストが美しく、ルールも簡単なため、ゲーム類の完全初心者におすすめするなら間違いなくこのゲームです。

 

「DiXit」は、ラテン語で「言う」という意味。その名の通りこのボードゲームはコミュニケーションがメインです。親になったプレイヤーはイラストの描かれたカードを1枚選び、それを連想させるような「言葉」などを言いながら場に伏せて出します。そして、それ以外のプレイヤーは親が選んだカードを当てるというゲームです。

 

このカードからそんな連想するの!?みたいな感じで非常に盛り上がります。仲の良い人とやるのも楽しいですし、知らない人とプレイしてもその人の内面が知れて面白いです。コミュニケーションが好きな人や、難しいルールを覚えるのが苦手な人でも楽しめるおすすめのボードゲームです。

 

こんなあなたにおすすめ!
ゲームの特徴:ゲームが苦手な人でも楽しめるし、コミュニケーションが盛り上がる。
デザイン性が好きな人や雰囲気ゲームが好きな人におすすめ。

 

まとめ:定番ゲームは、値段は高いがその分本格的でおすすめ

 

というわけで定番のボードゲームをご紹介しました。

こういった定番のボードゲームは、1回買ってしまえば何度でも遊べるボリュームがつまっています。

また、ここで紹介したボードゲームはどれも拡張版が豊富なので、飽きたら拡張版を購入することで、また違った楽しみ方ができます。

 

ぜひ定番のボードゲームをプレイして、ボードゲームの面白さをもっと知ってみてくださいね!

コメント