【おすすめボードゲーム5選】初めてでも楽しい!初心者でも気軽に遊べるボードゲームの紹介【ランキング形式】

ボードゲーム

 

はろー!ハルです

 

あなたは友達や恋人と遊ぶとき、何をして遊びますか?

ボウリングやカラオケなどは定番ですよね!

 

でも

いつも同じことばかりしてるなー」

とか

「意外とお金がかかって困るなー」

って思ったことありませんか?

 

外で遊ぶのもいいですけど、たまにはおうちでゆっくり遊びたい!っていうときもありますよね。

そんなときにおすすめなのがボードゲームなんです!

 

ボードゲーム

家で遊べる
・一度買ったらずっと遊べる→お金がかからない
2人でも、大人数でも楽しめる
コミュニーケーションを楽しめる
なんか知らんけど温かみがある
ゲーム苦手でも楽しい

などなど魅力がたくさんあります!

 

でも

ボードゲームって難しそう・・・

っていうイメージを持っている人も多いですよね。

(人狼とかが流行ったせいで難しそうなイメージがついてしまったのかもしれません)

 

そんなイメージを持っているあなたに!

初心者でも楽しめる簡単でおすすめなボードゲームをご紹介します!

 

以下、初心者でも楽しめるというコンセプトでご紹介します。

そのためこの記事では、実際に初心者とプレイしたものしかご紹介していません。

初心者の方が楽しい!と思ってくれたボードゲームのみをご紹介しているので、安心して遊んでみてください!

 

初心者におすすめのボードゲームランキング

 

あまり多すぎても迷ってしまうと思うので、特におすすめのボードゲームをランキング形式5つご紹介します。

 

評価基準

評価は、4つの項目で評価しています。

この4つは、初心者の方が初めて遊ぶときに大切なポイント(気にしてほしいポイント)を基準に選びました。

 

5つ星で評価しており、基準は以下の通りです。

難易度:星が多いほど難しい
戦略性:星が多いほど戦略性がある
:星が多いほど運要素が多い
値段:星が多いほど高い

難易度と値段については、星が少ないほどおすすめです。

簡単・安い」というのは、ボードゲームに対するハードルを下げてくれるものです。

そして、初心者の方にはなるべくハードルの低いものから入るのがおすすめです。

 

戦略性と運については、バランスが大事なので目安と思ってください。

僕個人の考え方としては、

ガチ初心者には運要素が多い方がおすすめ
そこそこできるよという方にはある程度戦略性がある方がおすすめ

です。

 

また、戦略性が高すぎるゲームも面白いのですが、初心者には向いていないと思います(そもそもルールを覚える段階で挫折してしまう)。

 

では第5位からご紹介していきます。

 

5位 ワードバスケット

難易度:★
戦略性:★
運  :★★★
値段 :★★(1,500円くらい)
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:~10分
ワードバスケットとは 「しりとり」です。以上終わり。

ルール

一言で言うなら、「ターン廃止性カードしりとり

です。

プレイヤー全員に「ひらがなカード」を5枚配り、山札から場に「ひらがなカード」を出してゲームスタート。

「場のカード」から始まって「自分のカード」で終わる単語を思いついたら、早い者勝ちで出していきます。

( 例えば場に「か」があったら「カラス」と言いながら自分の「す」カードを出す感じ。

そして、一番早く手札のカードを出し切った人の勝ち

というルールです。

初心者におすすめの理由

誰でも知ってる「しりとり」だからルールが簡単
初心者という概念がほぼほぼ存在しない

1プレイ5分くらいで終わるから何回もやってしまう

スピード勝負だから盛り上がる

4位 ラブレター

難易度:★★
戦略性:★★★
運  :★★
値段 :★★★(2,000円)
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:5~10分
「協力者を使ってあこがれのお姫様にラブレターを届けよう!」

あらすじ

プレイヤーはとある国のお姫様に恋をします。しかし周りには同じようなライバルたち(ほかのプレイヤーたち)が。

協力者にラブレターを託して、無事にお姫様にラブレターを届けられたプレイヤーが見事勝利となります。

ルール

プレイヤーは始めにカードを1枚ずつ引き、それが手札になります。

手札のカードはあなたがラブレターを渡す協力者です。

協力者にはそれぞれの役職にあった能力と強さがあります。

そして自分のターンになったら山札からカードを引き、手札の2枚のうちどちらかを場に出します。

そのとき、場に出したカードの役職が持つ能力が発動します。

能力としては、他のプレイヤーの手札を見るものや、他のプレイヤーを脱落させる効果、逆に脱落から自分を守ってくれる効果などさまざま

カードを出していき、自分以外のプレイヤーを全員脱落させる、山札がなくなったときに一番強い役職を持っていたプレイヤーが勝利となります。

初心者におすすめの理由

運と戦略のバランスがちょうどよい
初心者も勝てるし、経験者も適度に頭を使えてたのしい

1プレイの時間が短い
脱落者もすぐにゲームに参加できる

・絵がおしゃれ
→初心者にとって親しみやすいデザインかなり大事

3位 犯人は踊る

難易度:★★
戦略性:★★
運  :★★★★
値段 :★★(1, 500円)
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:10分

「誰もが探偵、誰もが犯人!?ごちゃまぜ犯人さがしゲーム!」

ルール

手札を4枚すつ配ってゲームスタート

プレイヤーたちは順番に手札のカードを場に捨てていきます

そのとき、カードに書かれた役職の効果が発動します。

カードの役職探偵犯人目撃者などさまざま

犯人カードは1しかなく、探偵カードを使って犯人を当てたら勝利

逆に犯人は手札がなくなるまで見つからなければ勝利です。

 

しかしこのゲーム、ババ抜きのように犯人がどんどん入れ替わります

さっきまで探偵役をやっていたのにカードが回って自分が犯人!なんてことも

あなたは探偵として勝つ?それとも犯人として勝つ?

初心者におすすめの理由

・基本ルールが誰でも知ってるババ抜き」だからルールが簡単
初心者がとっかかりやすい

運要素が多い
→初心者も頭を使わずに楽しめる

勝ち負けはそこまで重要ではない
→犯人を推理するのも楽しいし、ばれないようにするのも楽しい

2位 ディクシット

難易度:★
戦略性:★
運  :★★
値段 :★★★★(4,000円)
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:20~30分
1枚の絵は、千の言葉に値する!
引用:ディクシット取扱説明書

ルール

手札を6枚ずつ配ってゲームスタート

カードには一切文字のない不思議なイラスト(全84種)が描かれています。

になったプレイヤーは自分の手札から1枚イラストを選び、それを連想させるような「言葉」などを言いながら場に伏せて出します

(例えば悲しそうなイラストを選んで「悲しみ」と言ったり)

他のプレイヤー()はその「言葉」にあったイラスト自分の手札から選び場に伏せて出します

そして全プレイヤーのカードをシャッフルし、場に表向きに出します。

プレイヤーはそれぞれ、カードの中から親が出したと思うカードに投票します。

そして予想が当たるor自分の出したカードが他のプレイヤーから投票されたらポイントがもらえます。

また、全員から選ばれるor全員から選ばれないポイントがもらえません

つまり親が出す「言葉」は、簡単すぎても難しすぎてもいけないのです。

 

親を順番に交代していき、ポイントを最も多く集めたプレイヤーが勝利となります。

初心者におすすめの理由

相手の意外な一面や性格がわかる
 →ゲームだけでなく、相手とのコミュニケーションも楽しめる

デザインが良い
→絵がおしゃれというだけで好きになる初心者も実際に多い(経験談

・勝ち負けは重要ではない
勝ちにこだわらなくてもよいのは初心者にとってかなり楽

1位 God’s Gambit

難易度:★★
戦略性:★★★
運  :★★★
値段 :★★★(2,500円くらい)
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:10分

 

神になるのも悪魔になるのもあなた次第!?新感覚UNO系ゲーム!

ルール

基本ルールはUNOと一緒

手札は7枚からスタート

山札からカードを1枚表にし、そのカードが最初の色と数字になります。

プレイヤーは手札の中から、場と同じ色or同じ数字のカードを出します。

順番にカードを出していって一番先にカードがなくなったプレーヤーの勝利!

・・・というのはUNOのルール

 

このゲームのカードには、色・数字・そして能力があります。

能力は相手にカードを引かせたり(役職:悪魔)、逆に自分のカードを減らしたり(天使)とさまざま。

時には相手の手札を強制的に7枚にする(魔王)など強力な能力も。

しかし、強力な効果にはその分リスクがあります。

このゲームでは能力を使うと「カルマ」がたまります。

3ゲーム行い、最終的にこの「カルマ」が一番少ないプレイヤーが勝利=神)となります。

 

「カルマ」を解消する手段として、他のプレイヤーにカルマを押しつけたり能力を使ってカルマを解消したりします。

そして1番最初に手札がなくなったプレイヤーは、それまでどんなにカルマが溜まっていてもすべてチャラになります。

残りのプレイヤーは今まで使った能力分のカルマに加えて、その時点での手札分のカルマが足されてしまいます。

 

カルマを溜めてでも一番にあがることを優先するか、能力を使わずに堅実にカルマを減らすかあなた次第

初心者におすすめの理由

 

誰でも知ってる「UNO」がベースだからルールが簡単
→1プレイすれば誰でも理解できる

運と戦略性のバランスが絶妙にいい
運の要素が強い「UNO」に戦略性を持たせることで初心者も経験者も楽しめるバランスになっている

いたずら要素がある
→適度なおじゃま要素は場を盛り上げる+経験者の一人勝ちを無くすことができる

 

まとめ

 

というわけで初心者におすすめのボードゲーム5選をご紹介しました。

 

初心者の方が初めてボードゲームを楽しむときに大切なポイントである

・値段が安い
・ルールが簡単
プレイ時間が短い
初心者でも勝てる
デザインが良い
ものばかりをご紹介しました。

どれを遊んでも安心して楽しめるように頑張って選んだので、ぜひ遊んでみてください!

それではよいボードゲーム体験を!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメント